連合会について

組織

1.総会、役員会

■ 総 会  7月、2月(年2回)

総会は、会員である保険者の意思決定機関であり、保険者の代表者30名をもって構成されています。通常総会は規約により、毎年2回理事会の議決により理事長が招集し、臨時総会は必要に応じ理事会の議決によりいつでも招集し、開催することができます。
総会では、国保連合会の規約や規則の改正をはじめ、歳入・歳出の予算及び決算等が議決事項となっています。

■ 監事会  7月

監事会は監事4名で構成され、国保連合会の監査機関として定期的に開催し、国保連合会の事業をはじめ、決算及び財産の執行状況を監査します。

■ 理事会総務委員会

理事会総務委員会は、副理事長及び市町村保険者の代表理事3名で構成され、理事会の議決事項のうち、特に理事長が事前協議を必要と認めた案件を審議及び協議するため、必要に応じて開催します。

2.事務局

事務局は、9課・室17班で組織し、事務の執行に当たっています。

3.連合会ブロック会議

■ 連合会ブロック会議は、国保連合会の円滑な運営を図るため設置されています。
■ 役職員 議長:1名、副議長:1名、事務長1名及び書記1名
■ 事業の内容

  • ブロック会議総会の開催
  • 連合会事業の推進
  • 国民健康保険事業に関する調査・研究
  • 国民健康保険事業に関する普及・啓発
  • 保険者相互間の連絡調整
  • その他必要な事業
ブロック会議の名称
構成保険者
備前ブロック会議
岡山市 玉野市 備前市 瀬戸内市
赤磐市 和気町 吉備中央町
岡山県医師国保組合 中四国薬剤師国保組合
岡山県建設国保組合
備中ブロック会議
倉敷市 笠岡市 井原市 総社市 高梁市
新見市 浅口市 早島町 里庄町 矢掛町
美作ブロック会議
津山市 真庭市 美作市 新庄村 勝央町
奈義町 西粟倉村 久米南町 鏡野町
美咲町
ページ上部へ