ハレルンのイラスト

苦情相談

苦情相談とは

苦情相談の仕組み

苦情・相談入力フォーム
通報

通報とは

通報の仕組み

通報入力フォーム

岡山県国民健康保険団体連合会

苦情・相談とは

 平成12年4月から介護保険法が施行され、「苦情処理」に関する項目が規定されました。
 介護保険では、利用者とサービス事業者との間の契約どおりにサービスが提供されない場合、利用者は相談、苦情を申し立てることができます。
 まずは市町村(広域連合等)が身近な窓口として対応を行っていますが、直接、国保連合会に相談、苦情を申し立てることができます。
 国保連合会は必要に応じ、介護保険法に基づき、サービス事業者に対し介護サービスの「質」の向上に関する調査及び介護サービス改善に関する指導、助言を行います。
 サービス事業者は、調査に協力することや、指導及び助言を受けた場合には、必要な改善を行うとともに、改善内容を報告することが義務付けられています。

内容例

1.訪問介護(ホームヘルパー)に関する苦情
 「ホームヘルパーが約束していた時間に何度も遅れる」
2.訪問入浴介護(入浴サービス)に関する苦情
 「入浴サービスに来る職員が乱暴である」
3.通所介護(デイサービス)に関する苦情
 「送迎時間が不規則である」
4.短期入所生活介護(ショートステイ)に関する苦情
 「ショートステイ先で、いじめにあっているようだ」
5.介護支援専門員(ケアマネジャー)に関する苦情
 「ケアマネジャーの対応に不満がある」
6.施設に関する苦情 ケース1
 「施設に入所しているがケアプランどおりでない」
7.施設に関する苦情 ケース2
 「施設の複数の入所者が、虐待を受けている」
8.施設に関する苦情 ケース3
 「入所先の待遇が、他と比べてよくないようだ」
9.施設に関する苦情 ケース4
 「施設内で事故の対応に納得がいきません」
10.契約に関する苦情
 「利用したのは半月なのに、1ヶ月分の福祉用具貸与料を請求された」
11.サービスストップのケース
 「介護者から訪問介護サービスをストップされた」


苦情相談とは 苦情相談の仕組み 苦情・相談入力フォーム ホームへ

Copyright © 岡山県国民健康保険団体連合会 All right reserved